指導者養成講座② 教員のためのサバイバルスキル入門~火おこし編~

11月17・18日に「指導者養成講座② 教員のためのサバイバルスキル入門~火おこし編~」が行われ、多くの小中高および特別支援学校の先生方がご参加くださいました。

clip_image002

clip_image004

アイスブレイクからの仲間づくりゲームではチームで協力して課題に挑戦です!

 

clip_image006

目隠しをした仲間を不安を感じさせずに誘導することができるでしょうか?

 

clip_image008

各班ごと、特色のあるカレー作りです。いったいどんなカレーになるのでしょうか…

 

clip_image010

カレーの作りの下準備が終わればいよいよ火おこしです!ナタを使って安全に薪を割る方法を学びます。周りの楽しい雰囲気に流されず、ナタを使っている方は集中そのものです!

 

clip_image012

まずは火の特性だけを伝え、1人1かまどを使い火おこしに挑戦!参加者自身の考える力を刺激します。

 

clip_image014

やはり皆さん最初はなかなか火を大きく育てることが出来ません。

それでも随時出されるヒントと共にトライ&エラーを繰り返すことで…

 

 

clip_image016

ついに太い薪にも火がつきました!

 

clip_image018

自分たちでおこした火を使って作ったカレーの味は格別です♪

 

clip_image020

午後のプログラムではライターやマッチがない場合の身近なものでの着火や特殊な道具を用いての火おこしを体験していただくと共に、火を使う活動の危険や注意ポイントをお伝えしました。話を聞くみなさんの顔も真剣です。ちなみに、講師が手に持っているものは皿洗いに使うスチールウールですが、実はこれも火おこしアイテムなんです。

 

clip_image022

舞ぎり式火おこし。抑える人と擦る人、お互いに声を掛け合ってテンポよく回していきます。

 

clip_image024

舞ぎり式で生まれた火種。太古の空気を感じます…

 

clip_image026

実習の最後はたき火の定番、焼きマシュマロとスモア体験。目に見える炎ではなく一見すると熱くなさそうな炭火であぶることで、目に見えない熱を感じていただきました。

ここ数年、避難を強いられてしまう災害が各地で発生しています。チームビルディングの基本とサバイバルスキルを身に着けた先生方は非常時に際して大きな頼りとなることでしょう。

また、今回行ったアイスブレイクからのチームビルドは新学級での最初の仲間づくりなどに活用でき、火おこしの基礎はそのままキャンプなどのアウトドア活動に活かすことが出来ます。

日ごろからの心がけで、いざという時に実際に動きやすくなりますので、今回学んだ技術を日常生活にもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は小中高特支と普段はお互いに関わることの少ない先生方どうしが交流することが出来、貴重な場であったとのお声もいただいています。

ご参加ありがとうございました。

Comments are closed.