体験活動指導者のための発声・表現法

1月21日(土)参加者13名の方にお越しいただき「体験活動指導者のための発声・表現法」を実施しました。

劇団ファイ・カンパニーより大畑ゆかりさん、村岡宏樹さんの2名の方に講師としてご指導いただきました。

まず最初は、体と心をほぐすアイスブレイクゲームからスタート!

ゲームを通してお互いのことを知りながら、すぐに参加者同士が打ち解けいい雰囲気ができました。

午前中は、腹式呼吸についての講義です。

普段の生活の中で、自分がどのように声を出しているかなど確認しながら基礎を学びました。

午後は演劇を通して、参加者自身が実際の演じ手となり表現の仕方を学んでいきます。

ペアごとに台本の内容について相談し、自分の身に置き換えたものに肉付けしました。

自分のことに置き換えることで、よりその役に集中でき、表現力を意識した声の出し方、感情の表現などが変わっていったように感じました。

DSCN4028

DSCN4049

DSCN4102

DSCN4111

今回、参加者の皆さまは様々な目的、目標を持ってこの研修にご参加いただきました。

その悩みや課題が、今回の研修を通して少しでもお役に立てれば幸いです。

また、皆様のご参加をお待ちしております。

工藤

Comments are closed.