停電時の豆知識

君亀の設備管理を担当している牧野です。

今回は設備管理の経験を活かして皆さまに少しでもお役にたてていただければと思い、停電時の家庭における処置方法を書いてみました。

先ず停電した場合には電力会社から送られてくる「分電盤」を確認してください。

ブレーカーすべて正常ならば、外に出て道路の外灯、隣近所の照明が付いているかを確認してください。

自分の家だけでなく廻りも停電しているようでしたら、電力会社側の停電ですので、電力会社へ電話をかけて下さい。

この時、電気の検針表に書かれているお客様番号を通知すると話がスムーズになります。電力の停電と確認された場合には復旧を待つだけです。

次に自分の家のブレーカーが作動した場合、電気の使いすぎと、漏電の二つの場合があります。使いすぎの場合はブレーカーをONにすればつきますが、ONにしたのに電源が入らない場合はブレーカー本体の故障か、漏電が原因です。それを見分ける方法をご紹介します。

先ず、大もとの電源ブレーカーと個別のブレーカー全てを切ります。その後、大もとの電源ブレーカーをONにします。

→これで落ちるようでしたら、ブレーカー本体の故障と思われますので、電気屋さんに連絡してください。

→落ちない場合には、電源ブレーカーを入れた状態で、個別のブレーカーを一つずつONにしていきます。この時、投入した瞬間に電源ブレーカーが落ちたところの回路が漏電しています。その回路だけをOFFにしたまま、その他のブレーカーをONにすると、漏電回路以外の電気は使えるようになります。

漏電の原因はほとんどが電気器具の不良です。洗濯機・冷蔵庫等の電気器具のプラグをコンセントに一つずつ入れて、ブレーカーが落ちないことを確認してみてください。もしブレーカーが落ちたら、その器具が漏電していますので、修理や買い替えなどご検討くださればと思います。

写真 2 (1) 
<今朝6:30の朝日>

Comments are closed.