Archive for 6月, 2013

環南みんなの楽校①川遊びとじゃがいも収穫

土曜日, 6月 22nd, 2013

富津市志駒にある廃校を活用した「環南みんなの楽校」でのきみかめ主催第一弾が

6月22日(土)に開催されました。

この週は台風が来ていたので、天候や川の増水などいろいろな問題が懸念されましたが

当日は見事に晴れ、川遊び日和になりました。

DSCF2661

挨拶をする環南みんなの楽校 重田校長。

DSCF2668

スペシャルゲストに大山千枚田の浅田アシャーン生物博士をお招きし

生き物についておしえてもらいました。

DSCF2676

校庭の生物さがし。校庭にもいろんないきものがいることにびっくり!

小さなバッタから貴重なアカガエルがたくさんいました。

DSCF2703

水の上を走るクモにくぎ付け…!

DSCF2720

川の水が引くまでのあいだ、じゃがいも収穫をしました。

講師は環南みんなの楽校の金井さん。

DSCF2739

じゃがいもゲットー!

DSCF2755

午後は念願の川遊び!

だいぶ水がひいたとはいえ、いつもよりは多い水量。

安全に気をつけて生き物探しスタート。

DSCF2767

何がみつかったかな?

DSCF2774

台風の激流にもまけずに生き物たちはちゃんと川にいました。

どうやってすごしていたんだろう?

DSCF2785

大人も子供も夢中になって川を満喫しました。

DSCF2805

次回9月にまたお会いしましょう!上地(かみぃ)

森っこクラブ②森のおもちゃづくり

火曜日, 6月 18th, 2013

梅雨の合間の晴れ間。みんなで森にお出かけだー。
その前にごあいさつの会と絵本タイム。
きみかめの森っこクラブは君津市子育て支援センターから
毎回講師(小山さん)に来ていただいてサポートしてもらっています。

GEDC0025

さー今回は前とは違う森に出発!!
おっきな階段もえいやっとー!

写真 (10)

初めてのお母さんたちは「ヒル」を怖がっていましたが、
森に足を踏み入れると…やっぱりいます、ヒル。
梅雨のじめじめだからなおさら。

でも「どういう生き物か、どういう対策をするかがわかったから
今度は自分でも森に来れそう」とお母さんが最後に伝えてくれました。

そうなんですよね~。二回目参加の方はもうヒルを
でこぴんしたりできるようになっていたり、笑
知ると知らないでは大違い。
ちなみに今回は完全装備が功を奏したこともあり、誰も噛まれませんでした。

写真 (11)

ふわふわの苔。
一度スタッフが触ってみせたら、子ども達はこの後
苔を見るたびに触っていました。気持ちいいもんね~。
興味あるものをどんどん拾って触って、共有しようとしてくれる子ども達。

写真 (9)

のんびり森歩きの後は、木のカスタネットづくり。
きみかめの木を使ってます。やさしい音がする~と評判。

GEDC0094

お母さんからは
「森歩きがあっと言う間に感じた」
「ふだんは家の中にいることが多いが、
森で子どもが楽しそうにしてるのがうれしかった」
「子どものペースで歩かせてあげたら、子どもがのびのびしてた」
「私自身リフレッシュできた」
等々、この時間を親子でじっくり楽しんでもらえたことがうかがえる
コメントをたくさんいただきました。

私個人の感想としても「あ~もっとみんなで歩きたいなあ…」と
楽しい思い出の後の切なさのようなものが残っています。笑

次回はかなり先ですが・・・10月8日、また会いましょう!!

堀井(ふっきー)

サバイバルクッキング

日曜日, 6月 16th, 2013

プラネタリウム一般公開にあわせて、午後からのプログラム                                                           

「サバイバルクッキング」実施しました。

日常とは違う電気や水道が使えない状況の中で、いかにご飯を作るか…。

今回は、空き缶2本と牛乳パック3本を使って、ご飯を炊いてみました。

まずは、空き缶をハサミと缶切りで下細工。かまどにする缶とお鍋にする缶に分けます。牛乳パックはひたすらちょきちょき切る。この切ったパックが、燃料になります。準備が出来たら、あとは火が消えないように、えんえんと牛乳パックを空き缶に入れつづけます。なかなか地味な作業ですが、子どもたちは真剣にやっていました。

炊きあがったご飯は、きみかめ周辺で採れた山菜の天ぷらと一緒に「いただきます。」

DSCF9172

サバイバルクッキングと題して行った今回のイベント。

本当に私たちが災害などにあったとき、空き缶でのご飯づくりが必ず役に立つ…とは言えないです。ただ、こうした技術をたくさん知っておくことで、万が一の際にも、落ち着いていられるのではないかと、思います。

きみかめではこれからも、お外で ・ 楽しく ・ 学べる(遊べる) イベントをやっていきます。

また皆さまとお会いできますことを、お待ちしております。

しゅれっく(しょうじ)

森っこレンジャー② 川の生き物調査隊

日曜日, 6月 9th, 2013

第二回目の森っこレンジャーは川の生き物を見つけてみよう!

森っこレンジャー始まって以来の所外での活動です。

39名のお友達に来てもらいました。

まずは、川に行く前の腹ごしらえ!

川での活動に備えてエネルギー補給です。

P6090178

P6090235

P6090256

お腹がいっぱいになったところで川に出発!

きみかめからバスで5分の川へ移動です。

DSCF2396

 

ライフジャケット、ヘルメットを着けて調査隊の調査スタート!!

DSCF2401

DSCF2407

どんな生き物がいるかな~?

おっ!

シマドジョウ発見!!

P6090259

こちらはサワガニを発見!

DSCF2459

エビもたくさんとれたようです。

P6090262

この他にも、カジカガエル、ツチガエルなどのカエルや、ヤゴ、カワゲラなどの水生昆虫などを発見しました。

カジカガエル4

カジカガエルは日本にいるカエルの中で一番きれいな鳴き声だと言われています。

みんなで静かにして聞いてみました。鳥のような美しい鳴き声でした。

どんな生き物が捕れたかを全員で見てみました。

DSCF2455

DSCF2457

たくさんの生き物に出会えた生き物調査隊でした。

 

最後に、「なんで危険なところにわざわざ行くの?」

という質問を受けました。

自然の中には「不安定な場所」、「有害生物」、「天候」、「気温」などたくさんの危険要素があります。

しかし、これらをすべて排除し、全く危険のない場所に行ったとしたら楽しいでしょうか。

森っこレンジャーで大切にしていることの一つに「自分のm身は自分で守る」があります。

みんなが自然の中に飛び出し、「危ないこと」、「危なくないこと」を自ら判断し、行動できるような人になってもらいたいと思います。

それがヒトが持っている本能だと思います。

森っこレンジャーがそういったことを学べる場でありたいと思います。

そして、それを見守る大人の目も必要です。

これから夏を迎え、自然の中へ出かける機会が多いと思いますが、

安全で楽しい夏休みを過ごしてください。

また、秋にみんなの元気な姿に会えることを楽しみにしています。

白井(ねぎ)