九月の節句

もう九月ですね!ところで九月にも節句があるんですね。 

五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。暦の中で奇数の重なる日を取り出して(奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪〔ひじゃ〕の行事が行われたことから)、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。(ネット情報)

五節句には、3月3日(上巳の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。

九月の節句は菊の節句と言われ、観菊の宴をもうけ菊酒を飲む風流があったらしい。庶民は餅や甘酒を神に供え、必ずナスを食べたらしい(ナスを食べると寒さに負けない、中風にならないと思われていた?)。この頃は米の収穫時でもあり豊作を神に感謝する秋祭りをするところが多い。「大根引き大根で道を教えけり」一茶。また秋は大根が畑の主役であった。私が少年の頃(昭和30年代)はどの農家でも1年分の沢庵を漬け、切り干し大根を作ったものでした。今では我が家の食卓にはスーパーで買った黄色く甘い沢庵が出されます。大根そのものも肥大化して、色白で不健康に見えます。昔かじった大根の味は美味しかった記憶があります。(思いこみ?)ところで、きみかめ近郊の農家の栗林では美味しそうに色づいた栗が収穫を待っています。猿に試食されないことを願っています。          (参考文献:矢島あせい子著 矢島せい子のくらしの歳時記)

実りの秋、収穫の秋です、旬の美味しい食材をたくさんいただいて、(夏の疲れが現れてくる頃ですが)元気に頑張りましょう。

A.Yamazaki

 

Comments are closed.