イノシシ VS 人間

みなさん、君亀では2日前から大変なことが起こっています…。

このナゾの穴を見てください。

DSCF2196.jpg

君亀の野外炊飯場前のキレイな芝生が、この有様。

犯人は…そうです。表題通り、『イノシシ』です。

土の中に住む幼虫狙いのようです。

DSCF2193.jpg

本日、イノシシに掘り返されて3日目。

昨日はイノシシよけに『たばこの吸殻』の液を薄め撒いてみたのですが、どうやら液が薄すぎたようで

いとも簡単に、再び掘り起こされました…。くやしい。。。

DSCF2186.jpg DSCF2187.jpg DSCF2189.jpg

再びセッセと芝を戻し、再度策を練ります。君亀に来た子どもたちも一緒に考えました。

「オオカミのおしっこがイノシシには効くよ。」と、子どもはよく知っています。

「オオカミのおしっこ」は確かに強烈な匂いを発します。手には入らないので君亀流イノシシよけの液体が

『たばこの吸殻液』結構、効果があるようです。昨日より、濃度を濃くし(約2倍に薄めます)再度撒きます。

DSCF2197.jpg DSCF2198.jpg

さてさて、どうなることやら。

更に本日は、野外の照明も使いイノシシに挑みます。それでもダメであれば、イノシシの檻を置いておくと効き目がある

ようなので、設置するか…。イノシシと人間の知恵比べですね。

夜中10時30過ぎ。3頭のシカが同じ場所に来ました。イノシシは、いつごろ来るのでしょうか?

いつか、自動撮影カメラの設置も試みたいと思います。

ここ3年は芝生を掘り起こされるようなことがなかったようなのですが、森の中の餌が少ないのでしょうか?

それにしても、芝生一帯を鼻で掘り起こすイノシシの力は凄いです!まるでユンボのようです。他のことに活かせたらいいのに…。

明日、どうなるのでしょうか。乞うご期待!

(kero)

Comments are closed.