Archive for 7月, 2009

世界天文年2009スペシャルイベント 「日食を見よう!」

水曜日, 7月 22nd, 2009

世界天文年2009 スペシャルイベント「日食を見よう!」

参加者:52名

天気:雨⇒くもり

 今日は、日本中で、また世界でも注目されてきた「日食」の日でしたね。

みなさんの地域は、いかがでしたが? 欠けた三日月のような太陽が見えましたか?

でもきみかめは、朝から雨模様。

残念ながら、実際には日食を目にすることはできませんでしたが、様々な道具を使った観察のしかたや楽しみ方をお伝えしました。

またクラフトや、午後からは夏の星空紹介ということで、大きく宇宙の神秘に触れてもらう活動をしていきました。

 

  まずは、日食についての簡単なクイズ。

1.「日食って何?」 ということで、3択クイズです。①太陽が地球を食べる? ②太陽が月を食べる ③べあ(スタッフ)が太陽を食べるという問題でスタートしました。正解は、②「太陽が月を食べる、つまり月を隠す」ということです。

2.「今回見えるはずの日食はどれでしょう?」・・・①金環日食 ②部分日食 ③皆既日食・・・や、

3.「太陽を観察するときに必要なものは?」  ・・・①サングラス ②虫メガネ ③日食メガネ・・・というと、 もちろん正解は③日食メガネです。

日食を見よう 003+.jpg ⇒こちらのスタッフが「べあ」。

 そして、日食のことにもう少しわかりたい人のために、模型を使いながら日食について深めました。

日食を見よう 006.jpg日食を見よう 012.jpg

次は、実際の日食の観察で使うはずだった道具を試しながら、進んでいきます。

日食を見よう 014.jpg⇒日食メガネはかけみて、「黒くて全く見えないこと」をまずはチェック!

また、見えるはずだった日食の様子や現象を映像で見ていきました。

DSCF1234.jpg

 やはり、きみかめ周辺での部分日食最大11:13分は、雨からくもりに変わっていましたが、

残念ながら日食には、お目にかかれませんでした。

 今度は、気を少し取り直して、クラフトです。

雨の日でも、部屋の中でも見える星座をみんなで作っていきました。

さて、どんな星座ができたでしょう?

 090722  014.jpg日食を見よう 019.jpg 日食を見よう 018.jpg

のぞいてみると、きらきらした光る星座でした。

夏の空に輝く星座もこれで、迷うことなく探せますね。

  そして、午後からは、プラネタリウム室で夏の星空の鑑賞。

きみかめのプラネタリウムは、何度か来たことのあるという人、今回が初めてという人にも、どちらにも楽しんでもらえたようです。

最後は、今日の「皆既日食の生中継」を少しだけご紹介できました。

kaiki.jpg  ⇒こちらが皆既日食です。

参加の子どもたちからは「ダイヤモンドリングがきれいだった」や、「プロミネンスの大きさ(地球の数個分の高さに匹敵する)がすごい」と互いの感想を発表してもらい、

今日の「日食を見よう」は終えました。

 今回の参加者のみなさんに、ほんの少しでも、宇宙の大きさ、偶然性、不思議さにふれていただけた1日になったのではないでしょうか。

 そして、次は3年後。「金環日食」が控えていますね。 ぜひ次回は、自分の目で見たいものですね♪ お楽しみに! (白土)

   

  

  

  

桜餅と桜茶

土曜日, 7月 18th, 2009

 2009年7月18日(土)

 6月初旬のことですが、「きみかめ日和」にアップさせていただきました。

 6月初旬、鴨川市の太平洋を望む立地にある太海小学校さんが君亀に宿泊合宿に来ました。

宿泊合宿の初日、太海小学校さんは、君津市の山間部にある蔵玉小学校さんとの交流会があり、

バス添乗で同行していた私も交流会に参加させていただきました。

 蔵玉小学校さんは、全校生徒が約20名程。木造の講堂や和室の部屋があり、懐かしさを感じさせてくれました。

学校の校庭では、元気な蔵玉っ子たちが準備を整え太海小学校さんを待っていてくれました。

 今回の交流会は、子どもたちが中心となって今日まで準備を進めてきた様子。

まずは、始まりの会。その後、和室にて、桜茶とイチゴ大福をいただきました。

実は、この桜茶とイチゴ大福、今年の春子どもたちが、校庭に咲いていた桜の花びらを摘んで

塩漬けにしたもので作ったそうです。

090609_0946~0001.jpg

桜茶

090609_0945~0002.jpg

イチゴ大福

 桜茶は、桜の甘い香りがし、爽やかな春の味がしました。

イチゴ大福は、あんこの甘さとイチゴの甘みが絶妙!塩漬けした桜のトッピングが見た目にもきれいでした。

組み合わせ、味ともにとても美味しかったです。何より真心のこもったおもてなしに感激しました。

 この後、子どもたちは、2グループに別れ木登りをしたり笹船を造ってたらいに浮かべたり、

琴で「さくら、さくら」を弾いたり・・・。最後に、みんなで校庭の自然を活用した言葉づくりゲームを行い

交流会は終了しました。

 来週は、蔵玉小学校さんが太海小学校さんへ出向き、交流会が行われるそうです。

海と山の交流。子どもたち、先生方の交流。人々が交流し合うことは素敵なことですね。

「交流」。

交流を通じて、お互いに相手のことを知り、学び、理解し合い、そこから新たな何かが生まれていくのでしょうね。

(なお)

主催事業 ~森で作ろう~「七夕キャンドル」

日曜日, 7月 5th, 2009

参加者:54名(19組)

当日の天気:曇りときどき雨

 

七夕前の土曜日。

きみかめでキャンドル作りを行いました。

 

今回は「エコなキャンドル」を作るため、使った材料は廃油。

きみかめのキッチンで使用されていたものです。

DSCN7206.JPG 

 

まずは廃油の量を、グループの人数分はかり

ガスコンロで廃油を温めます。

温まったところで、魔法の粉を投入!!

えい!!

 

DSCF1086.jpg

 

DSCN7207.JPG 

 

サーっと溶けた後は、よーく混ぜます。

混ざった廃油はそれぞれの容器へ。

 

DSCF1099.jpg 

 

廃油のにおいをいいにおいにするため、ここでアロマオイルを入れます。

今回は12種類ほどのにおいを用意しました。

たくさんあって迷っている人に

「これがいいにおいだよ!」と教えてくれた人もいました。

 

アロマオイルとティッシュで作った芯を入れたら

あとはキャンドルが固まるのを待つだけ。

 

DSCN7215.JPG 

さて、上手く固まるでしょうか??

 

 

DSCN7219.JPGDSCF1106.jpg

 

固まるのを待っている間に、オリジナルラベルを作りました。

織姫と彦星の絵、お星様の絵、「七夕キャンドル」の文字。

キャンドルがより個性的になる、素敵なラベルの完成です。

 

ラベルを作った後は、七夕と言えばの短冊を書きました。

でも、今日はちょっと普通の短冊とは違います。

「○○が欲しい、○○になりたい、という願いではなく

周りの誰かを、環境を思っての願いを書いて欲しい」

そう伝えました。

みんなが一生懸命考えてくれている様子が、見ていてわかりました。

 

たくさん考えて、出てきた願いは

「もっとおいしいおみずがのめますように」

「おともだちがいつもえがおでいられますように」

「かぞくがしあわせにくらせますように」

スタッフも心打たれる、考えさせられるものばかりでした。

 

DSCN7232.JPG 

 

最後に、完成したキャンドルに火を灯し

七夕のお話を聞いて、キャンドル作りはおしまいです。

固まるのに時間がかかってしまったグループもありましたが

みんなとっても素敵なキャンドルを作ることが出来ました。

 

今回作ったキャンドルは、静かな夜にご家族やお友達で囲んで灯し

ゆっくーり、ゆったーりするときのアイテムになればと思います。

電気を消して過ごす、そんな夜もたまには良いですよね♪

 

P1010098.JPG

 

間もなく7月7日。みんなの願いがキャンドルの灯火と一緒に

空高く届くことを、スタッフ一同願っています☆

(みら)