Archive for 6月, 2009

森呼吸~しんこきゅう~ 森のセラピーハイキング

土曜日, 6月 20th, 2009

6月20日(土) 晴れ

「森呼吸~しんこきゅう~ 森のセラピーハイキング」 

 今日は、晴れ時々曇り空。森の中を歩く時は空が晴れ、舗装道を歩く時は

曇りはじめ、私たちの希望通りの天候に恵まれました。

 講師に綛谷(かせたに)氏、をお招きし「森のセラピーハイキング」参加者は、

0歳から70歳と幅広い年齢層、38名で実施しました。

DSCF0992.jpg ハイキング前の準備体操は大切です。

R0017938.JPG 血圧測定や

R0017936.JPG 唾液を使ってストレス度チェックも行いました。

その他、アンケートも実施。

 出発地点の「木のふるさと館」を後に、いよいよセラピーハイキングに出発!

R0017945.JPG ハイキング中に「フィールドビンゴ」をしたり

R0017952.JPG 道すがら、落ちているヒノキの実やマツボックリを拾い集めました。

R0017959.JPG 途中の休憩場所は展望台。眺めが最高!

R0017958.JPG 休憩の際、3分間沈黙の時間を設けましいた。

鳥の声に耳を傾け、太陽の光や、風を肌で感じ・・・、普段はなかなか感じることのできない特別な時間を

五感を使って味わいました。

 お昼前に、再度セラピーハイキング後の唾液チェックとアンケートを実施、血圧も測定!

 お昼ごはんはロッジ村で! 

 私たちがセラピーハイキングをしている最中に清和の方がタケノコのお味噌汁を用意してくださいました。

汗をかいて、お腹がすいた体に味噌汁が染み渡りました。

 帰り道は、※「森のポイントラリー」をしながら、スタート地点の「木のふるさと館」まで戻りました。

※「森のポイントラリー」では、「約500万年前はこの場所はどうなっていたかのか?」や、

 「ある地層の瓦礫で10円玉を磨いてピカピカにしよう。」などのクイズと体験をしてもらいました。

R0017977.JPG 

R0017978.JPG 地層にある凝灰岩の破片で10円玉を磨きました。

 ゴール!木のふるさと館へ到着♪

R0017989.JPG 到着後、セラピーハイキング前後の唾液チェックの値や

血圧の値、アンケートを比較した個人のデータをみなさん全員に手渡しました。値はセラピーハイキング

実施後の方が数値が低くストレス値が下がったことが証明されました。

 みなさん森を歩いた後で多少体の疲れを感じたことと思われますが、心地良い疲れだったのではないでしょうか。

また心の方はリラックスしていたのではないでしょうか

 セラピーハイキングを通じて、みなさんが心地良い1日を過ごしていただけれ嬉しく思います

また道すがら、みなさんが森の中で様々な発見をしている姿がとても印象的でした。そして、みなさんの素晴らしい

感性に感動しました。また是非、機会があればみなさんと森の中を一緒に歩かせていただきたいな~と思いました。

近い未来、きみかめの森でもみなさんと一緒に歩ける日を楽しみにしています。

(塚本)

 

6月の花

金曜日, 6月 19th, 2009

最近、とてもきれいなお花畑を見ました。

青や赤、紫色で大きな玉状の花・・・アジサイ畑でした。

様々な色のアジサイが咲き誇り、とてもきれいで見入ってしまったのですが、私は、あれっ??と思いました。

酸性の土壌だと青色の花、アルカリ性の土壌だと赤色の花になると聞いたことがあったからです。

「ほんのちょっと離れただけで、土壌の性質は変わるのでしょうか?」さっそく文明の力を使い、調べてみました。

すると、「酸性かアルカリ性かというのは花の色を決める、1つの要素にすぎない」ということでした。

私は、「酸性なら青色」と決め付けていました。

そして、ふと思ったことが、自分たちについても同じようなことが言えるのではないかということです。

何かに向かってがんばっている時、トラブルなどマイナスなことが起きると、「もう、いいものはできない」「もう、失敗だ」などと決め付けてしまうことがよくあります。

でも、トラブルが起きたからといって、必ず失敗するわけではありません。色々な面からフォローしていけば、思っていたより大きなトラブルではないと気付くかもしれません。むしろ、すんなり進んでいくよりもよいものができるかもしれません。

そんなことを考えた6月中旬でした。

アジサイっていいもんですね。

千葉

にぎやかな1日

木曜日, 6月 18th, 2009

本日は3つの団体さんがいらっしゃいました。

子どもたちの声があちらこちらに響き渡り、

夜にはマイムマイムが聞こえて●^^●

なんだか施設も子どもたちの入所を喜んでいるみたいです。

1日中元気な声に囲まれて、私も元気をもらいました。

これから夏に向けて、さらに多くの団体さんがいらっしゃいます!!

君亀全体を元気にしてくれる皆さんに、早く会いたいな~♪

 403tomo.jpg

                            【福長】

スズメバチ

金曜日, 6月 12th, 2009

最近よく耳にするのがハチのことです。

特にスズメバチ、刺されると痛い!!だけでなく、

P6120061.JPG

体に悪い影響もあるというのは皆さんご存じですね。

私は、もう少しスズメバチのことについて詳しく知りたいな~と思っています。

ここで見かけるスズメバチたちは何故か同じ場所に

巣を作るんです。彼らの遺伝子がそうさせているのでしょうか?

可哀そうな話ですが、ここでは見つけたスズメバチはその場で駆除してしまいます。

だから、仲間の元に戻って巣を作る予定の場所を教えることはできないはずなのですが・・・

生命って不思議ですね。

皆さんも危ない生き物をただ嫌うだけでなく、その不思議に少しだけ目を向けてみてください。

きっとおもしろい発見があると思います!!

                                (福長)

ノコノコ

月曜日, 6月 8th, 2009

 昨日、主催事業の森っこレンジャーで森の探検を子どもたちとしたとき、子どもたちが四つん這いになり何かを見ていました。

何だろうと思い、上から覗いてみると、地面に小さな穴があいていました。穴の中では茶色いものが動いています。

それは、セミの幼虫でした。

子どもたちと一緒に自分も見入ってしまいました。

画像 083.jpg

 よく、父と神社の木に登ってきたセミの幼虫を捕まえにいったことを思い出しました。

地元では「ノコノコ」と呼んでいたんですが、こちらでは何か呼び名はあるのでしょうか?

捕まえたノコノコを、家のカーテンに登らせ、羽化するのを夜遅くまで見ていたものでした。

ノコノコを見つけたときはとてもワクワクしました。

また、羽化した瞬間の透明がかった黄緑色の成虫を見たときは、子どもながらに感動しました。

 今回、ノコノコを見たときも、とてもワクワクしました。

自分はこの気持ちが大事だと思います。自分がおもしろいと思うからこそ、それを伝えられる。

これからも、この気持ちを忘れずに自然のおもしろさを伝えていけたらと思います。

 ノコノコっていいもんですね。

千葉

 

森っこレンジャー レベル②「森の発見マップづくり」

日曜日, 6月 7th, 2009

森っこレンジャー レベル②「森の発見マップづくり」

 6月7日(日) 天気:晴れ 参加者:38名

 森っこレンジャーの2回目は、

森を探検して、森の「おもしろい!?」「ふしぎ?!」を見つけ、「きみかめの森の発見マップ」をつくりました

 

 まずは、みんなでわーっと声を出し、体を動かすゲーム。

 P6070016+.JPG

 どきどきの心もほぐれたところで、グループに分かれて、森の探検。

森の中を五感を使って、たくさんの発見をしていきました!

P6070018.JPGP6070017.JPGP6070033.JPGR0017850+.JPG

R0017877.JPGR0017880.JPGR0017863.JPG 画像 071.jpg

 画像 110.jpg画像 116.jpg

子どもたちは、それぞれの発見をしました。

 それでは、マップづくりです。大きな白地図に、探検で発見したことを書いたカードを貼り付けていきます。

もちろん、ハート型の葉っぱ、ふかふかのコケ、小さなカキの実など、森で見つけたものも、貼り付けました。

R0017889.JPGP6070041.JPG

  そうして、大きな「森の発見マップ」が完成しました♪♪

 では、他の班に向けて「こんなすごいもの見つけたよ!」と発表です。

R0017904.JPG

  

 最後は、森っこレンジャーのテーマソングをみんなで元気に歌い、レベル②「森の発見マップづくり」は終えました。

一人ひとり子どもたちみんなの38人の力が合わさり、きみかめの森の発見マップができあがりました。

この活動を通して、少しでもきみかめの森のことを「知る」きっかけになったのではないかと思います。

現在、きみかめには、「38人みんなで作った発見マップ」は展示中です。

ぜひ、自分たちの作った地図を見にきてくださいね。

 では、「森っこレンジャー」次回は9月27日「レベル③ 森と遊ぼう」になります。  (白土)