Archive for 3月, 2009

主催『森の宝さがしゲーム』

日曜日, 3月 15th, 2009

~森で遊ぼう~

『森の宝探しゲーム』

今年度最後の主催事業が先日、行われました。その日の朝の天気は、春の嵐!                                                                                       朝から突風が吹き、そして横殴りの雨…。 開催時間の午後になると、風も和らぎ、                                                                                                   雨も弱まってきましたが、足元はぐちゃぐちゃ。 自然の家周辺の豊かな森で、                                                                                                  様々な森の宝を発見するという内容でしたが、天気には逆らえません。                                                                                                     急遽、場所を館内に切り替えて『森の宝さがしゲーム』を行いました。                                                                                                          定員50名のところ、キャンセル待ちの方々が約50名!枠を増やし80名を超える人数での実施です。                                                                                   年齢は、なんと0歳~71歳まで!悪天候の中、たくさんの方にお集まりいただきました。                                                                                             では、実際にどのような様子を紹介いたします!                                                                                                                  今回の主役は、君亀に住む『リス』。君亀の森には、リスをはじめシカ、イノシシ、ウサギ、サル…。                                                                                        様々な生き物たちが共生しています。

花を食む.JPG  P1002372.JPG                                                                                   今回は、館内に設置されたリスからのメッセージクイズや、リスの暗号を解き 森の宝を探す館内ラリーになりました。                                                                          どきどき、わくわく、ルールの説明が紹介されています。 数家族が集まり、10人1グループが8グループ結成!                                                                             作戦会議をし、いよいよスタートです。                                                                                                                      

 P1002377.JPG                                                                                                                    リスからのメッセージを発見!なになに?                                                                    

『リスはどこに住んでいるのかな? 1.木の上 2.木の中 3.木の下』    

『か』??? リスから暗号です。館内に隠された『リスからのメッセージ』と『リスの暗号』を探し出していきます。                  

P1002375.JPG P1002373.JPG

 P3140341.JPG P3140348.JPG                                                                                                  子どもも、大人もチーム一丸となり、真剣そのもの!                                                                                                                                    リスの視点から、森を見た様々なメッセージクイズや、10個のキーワードからなる暗号。                                                                                           いよいよ答え合わせです。君亀周辺の森に関する実際の写真を紹介しながら、答え合わせです。

  P3140356.JPG P3070273.JPG                                                                                            この『ニョキッ』と地面から出ているこの植物。何かの生き物の姿に似ていることから『○○○草』と呼ばれています。                                                                                               にょろにょろと出ているこの姿、そしてまだらな表面の模様…。正解は『マムシ』です!                                                                                                       樹洞.JPG P3050227.JPG                                                                                                                                                                                  P3070299.JPG新芽を食む.JPG                                                                                          リスのすみかや、足跡の正体。この『エビフライ』のようなものは? 誰かの食べた跡なのですが…そう、リスです!                                                                                      参加者からは「え~っ!」やら「へぇ~っ!」やら、「カワイイ~!」やら…1つ1つの解説にどよめきが。                                                                                        そして気になる暗号の答えは…『モリノタカラハイノチ』。 森にはたくさんの命が息づいています。                                                                                          人間の目でざっと森に入ると見落とすたくさんの命のしるし。                                                                                                               リスの視点で森に入るとたくさの気づきを得ることができます。

優勝グループは3グループ同時優勝!子どもたちには、リスの落し物『エビフライ』のペンダントを賞品に♪                                                                                  そして、参加者の皆さんには、リスが食べる『松のみ』を賞味してもらいました。

P3140361.JPG

広い自然の家の館内だからこそできる、館内すべてを使った『宝探しゲーム』。                                                                                                            お決まりの参加者からの満足度チェックでは、ほとんどの方がバンザイの                                                                                                           楽しかったのサインを出していただきました。晴れていたら、是非森で楽しんで                                                                                                          いただきたいこのプログラム!いつの日かまたリベンジを試みたいと思います。                                                                                                  参加者の皆様、足元が悪い中お越しくださり、本当にありがとうございました。

次年度も、楽しい活動をご用意して、スタッフ一同皆様にお会いできますこと、                                                                                                  心から楽しみにしております。

とって食べる♪ホダ木づくりとキノコ料理

土曜日, 3月 7th, 2009

3月7日(土) 天気:快晴

とって食べる♪ホダ木づくりとキノコ料理

 ここ最近は雨が続いていましたが主催当日は快晴!

みなさまの日頃の行いが良いのでしょう!天候にも恵まれました。

 今回は、「ホダ木づくりとキノコ料理」ということで講師に、岩田和久さんと高橋力太郎をお招きしました。

 午前中はホダ木づくり!岩田さんから菌類のこと、キノコの色々、ホダ木の保管場所や

保管の仕方などなど、ドリルの使い方やコマ打ちについても高橋さんの実演を交えながら丁寧にご説明をいただきました。

DSCF0008.JPG 岩田さん、高橋さんによる説明からスタート。

DSCF0006.JPG ホダ木には間伐したコナラの木を活用。

DSCF0010.JPG ドリルで約20箇所穴をあけます。

IMG_0020 (2).JPG IMG_0025.JPG ドリルであけた穴に木槌でコマを埋め込みます。

完成したシイタケのホダ木は、日の当たらない風通しの良い場所に、寒冷紗などの通気性の良い

ものを被せて保管します。シイタケ菌は雑菌に弱いのでお風呂場や台所等の雑菌が多い場所の

外壁に保管するのは避けましょう。またホダ木が乾燥しないように水やりもお忘れなく!

 

 次は、昼食の、「キノコ料理」!!!

<メニュー>

・シイタケ、サツマイモ、菜の花、フキノトウの天ぷら

・シイタケのしょう油焼き、シイタケのチーズのせ焼き

・キノコの炊き込みご飯

・豚汁

 

IMG_0055.JPG 女性陣、天ぷらづくりはお手の物です。

IMG_0050.JPG 焼きシイタケは置火で。火加減が大切!

IMG_0061.JPG ある班では、高橋さんの粋なはからいで、お皿の飾りつけに、菜の花やツバキの葉っぱが添えられました。

 

本日のお昼ご飯の完成です。

IMG_0054.JPG IMG_0068.JPG

班ごとにいただきま~す♪

IMG_0071.JPG IMG_0082.JPG IMG_0074.JPG

 あたたかい陽だまりの中、みんなでつくって食べたお昼ごはんの味はいかがだったでしょうか?

お腹も心も満足していただけたのではないかと思います。

 食後は、みなさまのご協力で、あっという間に食事の後片付けが済んでしまいました。

ということで、しばしお昼のまったりタイム・・・・。芝生滑りをする子どもたちやお話を楽しむ方々などなど。

 

 今日は春の陽気に恵まれ、ホダ木づくりにキノコ料理と体を動かし、みんなで協力して活動をすることができました。

所員一同、ご参加いただいたみなさんの笑顔に出会うことができ、とても嬉しく思っております。

 

 次回は、4月18日(土)に「~森で食べよう~ 春の野草料理」を実施いたします。春の君亀で野草料理に舌鼓♪

受付開始は、3月21日(土)の朝9時から電話での受付となります。ご予約の電話をお忘れなく!

 来年度も、君亀の森でみなさまにお会いできることを心より楽しみにしております。

 

 

 

『袖振り合うも”タショウ”の縁』

木曜日, 3月 5th, 2009

皆さんは、『袖振り合うもタショウの縁』と言う言葉をご存知ですか?

昔、まだみんな着物を着ていた時代の言葉ですね。「人とすれ違うとき、着物の袖が触れあっただけの出逢いでも、”多少”は縁があるんだよ。」と言う意味だと思っている方が、ほとんどではないでしょうか。

しかしこの言葉、もっと深い意味があるんです。ポイントは”多少”と言う言葉です。

実はこの”多少”は間違いで、本当は”他生”(多生とも書く)が正解なんです。

“他生”と言う言葉には、前世や来世といった意味があります。そうなんです。この言葉は、仏教の『輪廻転生』の教えから生まれた言葉なんです。

そうなると「人とすれ違うとき、着物の袖が触れあっただけの出逢いも、”他生”の縁があるからで、意味のある出逢いなんだよ」と言うのが、正しい意味ではないでしょうか。

すれ違いざまに、袖が触れあっただけの出逢いでも他生からの縁で、意味のある出逢いだと言うなら、同じ職場で、同じ目的に向かって頑張っている人達にはどれだけの”縁”がある(あった)と言うのでしょう。

人と人との出逢いは、本当に不思議なものだと思います。たくさんの人達と出逢う機会を与えてくれた”縁”を、さらに大切に育てて生きたいと思う今日この頃です。

                                               ―芳―