ちびっこウィークエンド 「冬山探検隊 ~きみかめの森を探検~」

参加者:15名

天気:雨⇒くもり

 今回が、最終回になる第5回目のちびっこウィークエンド。

「冬山探検隊」ということで、きみかめの森で、

みんなで五感を使い、たくさんの自然のかたちを探していきました。

 午前中は、子どもたちは「森のコックさん」になりました。

P2110051.JPG 

さて、どんなものが見つかったのでしょうか ?? 

 

  まずは、みんなで探し集めた森のものを机の上に出して、

とっておきの1皿の盛り付け、スタート。

P2110053.JPG P2110239.JPG

真剣な様子で、集中して盛り付けています。

そして、こんなかわいい、きれいなランチプレートのできあがり!

色鮮やかな花びら、小さなエビフライや、

ちくちくの葉っぱ、ふかふかのコケ。

みんなの五感で探し集めたものばかりでした。

 R0016442+.JPG P2110058.JPG

  その後は、みんなの楽しみにしていた、本当のランチになりました。

「いただきま~す♪」

R0016455.JPG 

 そして、午後はみんなで、それぞれの「一本の木」をじっくり味わいました。

班のメンバーとそれぞれの位置から「その木」をじっくり眺め・・・

R0016457.JPG P2110254.JPG

 ふっと、思い浮かんだ言葉を短冊に書きとめます。

P2110074.JPG 

 P2110266.JPG

  みんなの書き上げた短冊を並べ、あれこれと相談し順番を入れ替えてみると・・・・

とても素敵な「詩」ができあがりました。

そして、班ごとに、他の班の子へむけて発表し、「詩」をみんなでわかちあいました。

 P2110282.JPGR0016478.JPG

  できあがった詩を1つご紹介します。

タイトル 「森の入り口にある一本の木」

 P2110072.JPG

「 しぜんがつたわってくる一本の木、ここは森、山なんだ☆

   きがざらざらしていて、つぶつぶがあって、さらさらしていて

   きみかめの木はさわるとみどりみたいなものがてにくっつく。

   ざらざらしていていいきもちでした。ざらざらしたきにぷつぷつがいっぱいついている。

   とおくからみて、つるつるで、近くでみるとざらざら。 

  

   自然の場にすわって、自然のものを書く。これがいい。

   葉がなくて寒そう。だけど、いっしょうけんめい生きている。 」

このように、素敵な詩がそれぞれの班でできあがりました。

R0016463+.JPG ⇒最後は、みんなで木登り~

  

  今回は、「五感を使って発見をする」というテーマのもとちびっこウィークエンドを実施しました。

子どもたちにとって、たくさんの発見ができた1日になったのではないでしょうか。

ぜひ参加した子どもたちには、今回の発見したものを「森の手作り図鑑」に書き込んでもらい、

また、森へたくさん足を運んでもらえるきっかけになったら、うれしく思います。

  これで最終回となった「ちびっこウィークエンド」は、いかがだったでしょうか?

昨年の秋から、君津地域の小学生たちと色々な活動をしてきましたが、

やはり、子どもたちは、自然だな!と思います。

初めて同士の子でもいつの間にか仲良しにになっている様子や、作品づくりに没頭する様子、

今回の木登りのように、自然に体が向くほうへ動く。

とても素直で自然な子たち。

また、小さな子へすっと手を差し伸べてあげることができる子たち。

そのような素敵な場面にたくさん出会えました。

また来年度もみなさんに楽しんで体験してもらえるプログラムの準備を進めています。

ぜひ、お楽しみに!  (白土)

  

Comments are closed.