主催事業『お正月飾りとお餅つき』

参加者:48名(14組)

天気  :晴れ

お正月を一月後に控えた12月・・・

地元亀山地区の老人クラブの方を講師にご指導いただき、お餅つきと飾りづくりを体験しました。

午前中はお餅つきです。『お餅といえば色は白』というイメージですが、

今回はよもぎでみどりのお餅、きびときな粉で黄色いお餅も作りました。

DSCF3118.JPG

餅米を蒸かせたら、グループで力を合わせて餅をつきます。

DSCF3075.JPG

DSCF3078.JPG

だんだんお米がお餅になっていき、いよいよ食べる準備!

DSCF3094.JPG DSCN6457.JPG

混ぜる作業、ちぎる作業も、みんなでやります。

あつあつのお餅をちぎるのは、初めての体験です。

回数を重ねると、みるみる上達していきました。

できたお餅は、グループごとにいただきます。

DSCF3137.JPG ※君亀周辺のよもぎを使用☆

今回は他にも、お雑煮とお汁粉も、お昼ご飯として一緒にいただきました。

                                                                                                                                

お腹いっぱいなったら、ひろーい芝生広場で運動をして…

DSCF3167.JPG

午後からは飾りづくりです。

DSCN6485.JPG

まず講師の方が作るのを見よう見まねでやってみますが、これがなかなか難しい。

数本のわらから形を成していく作業は 思い通りにはいきません。

大人も子どもも、じっと講師の方の手元を見ています。

DSCN6491.JPG

 

飾りづくりは、こうして『じっと見て覚える』ことにより

その家々で受け継がれていったとのこと。

 

 

DSCN6483.JPG DSCN6503.JPG

2時間もの間、みなさん真剣な面持ちで作り続けました。

DSCN6498.JPG ※こんな活用方法も発見♪

頑張ったかいあって、最後にはこんな立派なお正月飾りができました。

DSCN6510.JPG

お餅つきもお正月飾りも、やってみるまでは『大変そう』

『難しそう』というイメージだったと思います。

確かに大変なことや難しいこともあったけれど、

実際に体験することで新しい発見があり

また意外?と熱中している方が多かったのではないでしょうか。

年に一度行われてきた伝統的な行事。

地域や家庭でしっかり受け継いでいきたいなと感じました。

Comments are closed.